長く快適に使って頂くために

大切に使って頂くほど、畳は暮らしを快適にしてくれます

畳は生きています。畳は大切に使って頂くほど、素材のもつ効用を十分に発揮してくれます。

畳にはリラックス効果があります
い草の香りがもつ鎮静効果は、お子様の勉強部屋にもピッタリです。
室内の空気をキレイにしてくれます
畳は健康に悪影響のある二酸化窒素を吸収し、空気をきれいにする効果があります。
お部屋の湿度を一定に保ってくれます
約500mlの水分を畳一枚に吸収することができ、乾燥して来ると放湿してくれます。
断熱効果に優れています
い草には断熱効果があり、日本の自然環境の中で、夏は涼しく、冬は暖かく室温を保ってくれます。
丈夫で長持ちです
畳は耐久性・耐熱性に非常に優れている敷物です。
不快な振動や音も和らげます
吸音性があり、振動を和らげます。階下にも音が響きません。

畳のお手入れ方法

カビを防ぐ、効果的な普段のお手入れ方法

掃除機をマメにかけてください
ダニ・カビのエサとなるホコリやゴミを取り除いてください。
晴れた日には南風を通してください
北風は湿気を多く含みますので、南風をお部屋に通してください。窓は1ヶ所よりも2ヶ所以上開けておいた方が、風の通りがよくなります。30分ほどの換気でも大変効果があります。
湿度が高いときは、除湿器やエアコンで湿度を下げてください
梅雨時期は、水をたっぷり吸収します。(畳の部屋で洗濯物を干すのは、できるだけ避けましょう。)
畳の上のじゅうたんやカーペットの重ね敷きは避けましょう
ホコリがたまりやすく、ダニ・カビが発生しやすくなります
汚れがひどいときは、から拭きしてください。
ぞうきん掛けは、から拭きが原則です。

それでもカビが生えてしまったら…

水拭きは絶対にしないでください
カビが増える原因となります。
エタノールを吹き付けます
カビに直接吹き付けてください。ドラッグストアなどで販売しています。
乾燥後、掃除機をかけてカビを吸い取ってください
タワシで畳の目に沿って軽くこすり、掃除機で吸い取ります。
エタノールでふき取ってください。

天日干しの方法

番号を振る
畳の入れ間違いが起こらないように番号を振るなどしておきましょう。
日に当てる
畳が地面に直接触れないよう、台の上に乗せるなどして日に当てます(物干し竿に立てかけるイメージ)。このとき、直射日光に当てるのは畳床です。畳表を当ててはいけません。
干す
布団叩きなどでホコリをたたき出してから4~5時間干します。
※もし日干しができない場合は、畳の片端を本の上に乗せるなどして風を通してあげましょう。

畳のトラブル解決法

畳にダニが発生した時
基本的に新畳にはダニなどの虫はついていません。
じゅうたん、カーペット、布団などと同様に、温度・湿度・衛生状態などの原因がそろったときに発生します。
風通しを良くしてこまめに掃除をすることが効果的です。それでもダニが発生してしまったら、天気の良い日に畳を天日干ししてください。
マンションなどで天日干しが難しい場合や、防虫シートなどをご希望の場合はお気軽にご相談ください。

→お電話、メール、FAXでご連絡ください

家具の跡がついた時
凹んだ所に適度に霧吹きして、濡れタオルを当ててアイロンをかける。
インクをこぼした時
牛乳で湿らせて拭き取る。
灯油・醤油をこぼした時
こぼした上に粉末の洗剤・クレンザーをふりかけ、充分に液体を吸い取らせてから掃除機で処理し、その後固く絞った布で何度も拭く。
クレヨンがついた時
クリームクレンザーをごく少量、乾いた布につけ丁寧にこする。

ページの先頭へ

ページの先頭へ